眼内疾患と眼内循環障害

ホーム お知らせ 友の会とは? Q&A 講演録 協力医訪問

《東海懇話会講演》
眼内疾患と眼内循環障害

   アイケア名古屋理事長 安藤文隆先生

 物を見る力は、主に網膜・視神経の機能によって保たれています。
この網膜や視神経には沢山の繊細な細胞があり、沢山の血液が流れていますが、この血液の流れが悪くなると、細胞の機能が障害され、見えにくくなってしまいます。

 本日は眼の中の病気の内、その病気を起こしている血液の流れ方の異常についてお話しします。
 
【糖尿病網膜症】
 糖尿病網膜症での視力低下の原因は、先ず黄斑浮腫と云って、網膜の視力に大切な黄斑部に水が貯まって腫れて来る状態です。そして、網膜剥離が生じると見えにくくなってしまいます。その他、視神経への血液供給が悪くなる虚血性視神経症もあります。最も重症なのは網膜剥離で、その原因は糖尿病網膜症の網膜に新しく生じた新生血管です。

 網膜には沢山の血管が密に分布していますが、糖尿病で血液の流れが悪くなると、毛細血管がつまってしまって、血液の流量が少なくなってしまいます。この血液の中の酸素で呼吸している細胞は血流量が少なくなるともっと多くの血液が欲しくなって、新しい血管(新生血管)を作る物質を出します。

 その結果、糖尿病網膜症では網膜に新生血管が出来、この新生血管が大きくなると、網膜の内側に出て硝子体と密着し、硝子体を刺激します。刺激された硝子体は収縮して眼球の前の方へ移動しますので、後の方にある網膜は前方へ引き寄せられ、網膜剥離が生じて、見えなくなります。

 この様に危険な新生血管を発症させない為には、網膜の細胞の酸素不足を解消せねばなりません。つまってしまった毛細血管に血液を流すのは困難ですので、レーザー光を使って酸素を必要としている網膜の細胞を間引きし、必要な酸素量を減らして、バランスを取っています。糖尿病網膜症に罹患している方には、この様なレーザー治療を受けている方が多いと思います。
【網膜中心(分枝)静脈閉塞】
 網膜の動脈と静脈は所々で交差しながら、網膜内を走っています。
年齢が進んで、動脈硬化が生じて来ますと、硬くなった動脈が静脈と交差している部分で静脈壁を押さえて、静脈の血管腔を狭くし、血流量が少なくなるため血液が静脈からあふれ、網膜内に出血するのがこの病気です。

 血液が目の外へ出て行けない為、水分が目の中に余分に貯まり、網膜浮腫が生じて視力が低下します。動・静脈の交差で血管腔が狭くなった所では、血液の流れがゆっくりになり、血液が固まって流れを悪くしてしまいますので固まった血を溶かす薬を使いますが、その薬を使っても黄斑浮腫がひかない場合は、硝子体手術が必要です。
【緑内障】
 眼圧が高くなると、目の中へ血液が入りにくくなります。
この時特に細い血管で出来ている視神経への血液供給が少なくなって、視神経の働きが弱くなり、網膜には異常はなくて も、視野(見える範囲)が狭くなって来る病気です。

 急性緑内障では目が痛くなったり、吐気があったりしますが、緑内障の大部分の症例は慢性緑内障で自覚症状が全くなく、気がついた時には既に手遅れになっていることもありますので、注意が必要です。

 眼圧には個人差があり、日本人では眼圧は正常範囲にあっても緑内障症状を呈している正常眼圧緑内障が多いことも 最近判って来まして、平均寿命が長くなったことも手伝って、緑内障は糖尿病網膜症を抜いて、日本人の中途失明のトッ プになりました。

 緑内障の治療法は先ず眼圧を下げることで、いろいろな種類の点眼薬が使用できますから、先ず点眼薬で治療します。通常3種類の点眼薬を用いますが、それでも眼圧が高く、あるいは視野障害が進行する場合には手術を行わねばなりません。

 薬や手術で眼圧は低下しても、視野障害が進行する場合には、別の方法で視神経を保護しなければなりません。緑内障の視神経保護薬は研究されていますが、今の所、はっきり効果のある薬は見つかっていません。

 この様な状況ですので、私は20年位前から、心臓の病気の人が飲んでいる薬の内、最も強いと云われている薬を通常の半量位で失明の危険の高い患者さんに内服して頂いています。この間失明された方は1〜2名のみと記憶しています。

 血流は心臓を出てから動脈を通って末梢の細胞へ行き、そこで毛細血管を通って末梢組織に酸素や栄養を供給し、末梢組織にあった炭酸ガスや老廃物を受け取って、静脈を通って心臓に戻って来ます。

 先程の網膜静脈閉塞では、静脈の末梢組織からの出口でつまっていたのですが、緑内障やこれからお話しする病気で は末梢組織へ酸素や栄養が届かない病気で、動脈系毛細血管の血流障害が原因です。

 この様な動脈系に効く薬は、血液を固まりにくくすること(抗血小板剤)で効果が出ますので全く別の薬です。

NEXT  BACK


Copyright(C) 2001-2017 網膜剥離友の会 All rights reserved.