坂西・窪野先生を囲んで

ホーム お知らせ 友の会とは? Q&A 講演録 協力医訪問

2003年総会グループディスカッション
坂西良彦先生・窪野正先生を囲んで 司会: 安孫子季久代  
【目の痒い症状】
 自内障手術後8年経ちました。最近春頃から炎症かなにかよくわからないのですが、アレルギーみたいな症状で目がくしゃくしゃして痒いのですが。これは白内障の影響でしょうか。
 目が痒いのはアレルギー性結膜炎の中の花粉症のためだと思われます。花粉症自体は目の手術とは関係なく、現在若い方に非常に増えています。花粉症は春先だけでなく、原因になる花粉が春は杉、 6月はイネ科植物、また秋はキク科植物の花粉から起こります、それから通年性のアレルギー炎のためにも痒くなることもあります。これは家庭内のダニなどが原因で起こります。

 症状を押さえたり軽くするのには目薬と飲み薬があります。目の症状だけでなく鼻などの症状があるときは飲み薬も併用します。ただこの類いの薬は副作用もあるので、使ったあとは眼科でよく診てもらいましょう。

 抗アレルギー薬にはステロイドを含むものがあり、これがしばしば緑内障や白内障を起こします。ですから使ったあととか、長期の使用後は眼科でよく診てもらいましょう。あなたは白内障はもう手術したのでその心配はないですね。眼科で診てもらう度合いは、私のところでは、 1本の目薬を使い終わった時点でチェックして、次の薬を出すという風にしています。

 このように副作用が心配されますから、症状が収まってきたら、無闇に続けて使わないほうがいいでしょう。よくなったら減らすか止めるかしたほうがいいです。なかなか症状が消えないときは弱い薬に替えてもらいます。
【ゆがみがある】
 今年2月に出血しました。大森病院で硝子体手術をしました。視力は回復しましたが、物がゆがんでみえる状態が続いていて、先生から元へ戻るのは半年から1年かかるといわれました。正常に戻るのでしょうか。
 中心性静脈閉塞症ですね。硝子体も水晶体も取られて、剥離も復位して順調に回復しているということですね。かなりの重症と思われます。この病気はかなりの出血があって、それをレーザー光などで処置をされているのですね。

 この場合出血が早く吸収されると、歪みも早く消えます。視力が0.1ということですね。担当の先生が順調に回復しているということですから、半年から1年で回復されるでしょう。ただ網膜剥離の手術もうけておられるし、かなり目の侵襲があったと思われますので、視力が完全に元どおりというわけには行かないと思われます。
【視野がぱちぱちする】
 視野の半分から下が蛍光灯が切れるときのようにぱちぱちするので、調べてもらいましたが眼底にも異常がないといわれました。2、3年前はほんのちょっとだったのが、少し進んできているようで心配です。
こういう方は時々いらして、調べてみますと、視野の欠損はないのです。眼底の異常もないのです。ということになると、眼科としてはそこまでで、目に異常がなくとも目に続いている部分、頭に異常があれば、やはり視野が欠けます。まず脳外科でMRIなどで調べてもらいます。進行していることも気になりますから、その時はなんでもなくても、病変が小さくて見つからない場合もあるので半年とか1年に1回は検査を続けていかれることですね。
【プドウ膜炎と遺伝】
 友人にブドウ膜炎と診断された人がいて、その人のお母さんもブドウ膜炎だったので、遺伝するのでしょうか。
 ブドウ膜炎はいろいろな病気にともなって起こります。結核とか、リュウマチ、糖尿病、膠原病なんかからでも起こるといわれます。しかし半分ぐらいの場合原因が不明です。元の病気がわかっているときはそのほうの治療をしてもらい、不明のときは、消耗性の病気なので安静にしていることです。

 遺伝に関しては中には遺伝するものもあります。もともと目の中の炎症で、失明することもありますから、軽視しないで、よい薬がありますから、医師と相談して根気よく治療してください。
【シリコンの入った目は】
 8年前にシリコンを入れたのですが、このままにしておいていいでしょうか。
 シリコンオイルを入れられたのは、入れないと治療できない、つまり網膜剥離の中でも重症だったわけですよね。シリコンは目の形を維持していく上に大切なもので、外してしまうと、眼球痩というのを起こしてしまう危険があるので、取るに取れないということがあります。私の患者さんでも入れている方はたくさんあります。でも特に問題はないようです。

 これは外してしまったら、目がつぶれてしまうので、これに替わるよいものができるまでは入れておきましょう。そんなにご心配なさることはないと思いますよ。心配がストレスになりますからね。
【白内障手術後の視力】
 私は9年前に網膜剥離の手術をしました。今は安定しています。運転もしています。去年あたりから白内障がひどくなっているから、すぐ手術したほうがいいと言われました。手術した目は視力はあまり出ていないので、白内障の手術をしたらもっと視力が出るでしょうかとききましたら、それはだめだということで、どうしたものでしょうか。
   白内障の手術の時期は剥離に関係なく、その方が生活上の不便を感じたときなのです。しかし手術をするほうから言うと手術は早いほうが楽なのです。また網膜剥離後の白内障の手術には問題点が二つあります。

 一つは核が固くなりやすいことです。現在の手術法は超音波手術で水晶体を超音波で砕いて取り出す方法です。核が固いと時間がかかり、砕いた破片が目の中に飛び散って角膜を傷つける恐れがあることです。

 もう一つは剥離が再発する率は普通と変わりません。が、水晶体の膜だけ残すのが、たまに破れたりすることがあります。すると目の中が不安定になって剥離が起きる率が高くなることです。白内障は進行性ですから、いずれは手術することになるわけですが、それでも本人が不自由になったらやるということでよいと思います。また剥離が起きたら、その時は剥離の手術をすることにはなりますが、その率はさほど高くはありません。

 現在あなたの目は、良いほうと手術眼とのバランスが極端のようですが、もし白内障の手術をすれば人工レンズを入れることで左右の目のバランスは今よりは良くなるはずです。

 白内障手術をすると必ずよく見えるようになりますかと聞かれますが、必ずしもそうではない。その人の目に白内障以外の病気がなければ、もちろんよく見えるようになります。残念ながら年を取られると、いくつか合併症をもたれる場合があり、その時は白内障を治しても、他の合併症のために視力が疎外されることがあるからです。しかし視野が明るくなることは確かです。

【白内障の目薬】
 白内障の目薬は効かないと新聞に出ていたが。
   この間読売新聞に大きな記事が出て以来、私も薬を出すのに抵抗を感じますが、誤解してもらいたくないのは、あの記事は白内障に効くと言われた薬の文献を調べた結果、科学的な根拠はないといっているのです。つまり実験の方法が科学的でないと言っているので、効くかもしれないが、確認する方法がないといっているのです。

 この薬は動物実験では確かに効果が証明されているし、理論的にも、濁りを防ぐ成分が入っている事は確かです。ですから白内障が治りはしないが、抑制することはできます。つけないより、つけた方がややいいと、患者さんに説明しています。進行にブレーキがかかると思います。

 ところで、現在アイボンといって目を洗う薬があります。これはあまり勧められません。正常な涙もみんな洗い流してしまうからです。もともと涙には目の保護や油分などが入っているのに、それをみんな洗い流してしまうのは、涙に保護されていた角膜を傷つける結果になるからです。またこの薬には防腐剤も入っていて、それが障害になるのです。涙こそ自然の一番良い目薬です。だから無闇に薬を使うのは控えたほうがいいでしょう。

【白内障の術後の注意】
   私は21年前、50半ばに左目に網膜裂孔ができ、自治医大で手術を受けました。4年後に右目にも同じような裂孔ができて手術し、10年前には白内障が、そして5年前から緑内障が起きてきました。白内障で今では0.1とか0.4という視力になってしまいました。日常は不自由になり、今年4月に手術を受けました。右目は1.0、左は0.5ぐらいになり世の中が明かるくなりました、これからの生活の注意をお聞きしたいです。
   網膜剥離に関しては、黒いものが出たら眼科医に行くということ。あとは目脂が多くなったら診察を受けるとか、普通の生活では自内障の術後3ヶ月ぐらい薬をつけるということぐらいですね。

 生活は普通で良いと思います。ただ緑内障は、必ず検診を受けられるといいでしょう。その時眼圧は正常でも視野検査で発見される正常眼圧緑内障が増えているので、定期的に調べてもらうことは大事です。

 緑内障とは眼圧が上がって目の中の血の流れが悪くなり。目の神経への栄養が行かなくなって神経の働きが悪くなる病気です。ところが眼圧が正常でも、神経自体の抵抗力がない場合があって、神経がやられてしまうということがおきるので、眼圧が正常でも、少しでも下げたほうがいいので目薬を使って下げるようにします。
【眼底で動脈の異常が判った】
 私は右目はバックリング法で手術していただき、左も穴が開いていましたので、光凝固をやっていただいて安定していましたが、今年の春、眼底写真で動脈がすこし細くなって、静脈が出ているけれども、今すぐどうこうではないがといわれました。運動や食事に気をつけるように言われましたが、あとはどうしたら良いのでしょうか。
 眼底写真では、血管が直接見えるので、これはその人の体の状態が良くわかります。例えば動脈硬化か始まっているとかですね、糖尿病ではないかとかですね。

 これらは内科の処置が必要ですから眼科で分かって内科に回っていただくこともあります。静脈と動脈の比は3対2ぐらいで、血管が伸びているとか、細くなっているとかが直接眼底でわかります。動脈硬化は4期にわけられます。ゼロ、1、2、3、4ですね。年齢とともにこの動脈硬化は進み、血圧が高くなっても進みます。このような変化は加齢とともに起こるのですが、はっきり病気とまでは行かないのなら、おっしゃるように食事をバランスよくとるとか、運動をするとかで、動脈硬化があまり進まないように、内科の先生にも良く診ていただき、相談して、良い生活を送られるように心がけてください。
BACK


Copyright(C) 2001-2017 網膜剥離友の会 All rights reserved.