《2010》 関西懇話会

ホーム お知らせ 友の会とは? Q&A 講演録 協力医訪問

《2010》関西懇話会
「質疑応答」
   
回答:大阪医科大学 石崎 英介先生
【ギザギザがみえます】
 網膜剥離は起こしたことはありませんが、白内障の手術をしました。近視が強く左眼の端に時々ギザギザの光が見えます。普段は右眼で見ているようです。
 飛蚊症は眼の中の濁りですが、光視症は網膜に何らかの刺激が加わった時に光が走るという症状が現れます。眼の中には硝子体があり、近視の強い方はその液化が早く進んでいきます。

 進んでいく過程で網膜が引っ張られ破れるのが網膜剥離ですが、そこまで強い力が加わった時に光視症が出ると言われています。硝子体の変化は、長い期間じわじわと進んで行きますので、それが原因となって、光視症が時々出るのだろうと考えられます。

 波打って見えるということは、元々視力が良くないということで、眼底も網膜もかなり変性して傷んでいる状態のところに刺激が加わって、光視症が出ているのではないかと思われます。

 しかし、必ず網膜剥離になるわけではなく、その中の何%かの方に網膜剥離が出る場合があります。白内障手術で左右の視力に差がある場合、片方に負担のかかることもありますが、度数を合わせてあればこのような負担はありません。

元々、網膜や神経の機能に問題があり、左眼が弱く右眼が良い眼になり、度数を合わせても右眼の方が見やすいということだと思います。光視症の発症には、眼を使うか使わないかは関係ありません。

 黄斑変性症は近視の強い方に出やすいものです。近視が強いと眼球が伸びて網膜が薄くなり、そこに栄養を補うために異常な血管が出てくるという病気です。

 これが起こると視力が落ち、眼球内に出血が起こります。この病気は視野の真ん中に起こるので、見え方に直接影響します。網膜剥離のように端っこに起こって気付かないという様なことはありません。近視の方特有の網膜剥離は、これも真ん中から起こってくるので、気付きやすいです。ただ元々、見にくくなっている方は、見えなくなっても気付かないことがあります。歪みに変化がないか、アムスラーチャートなどでチェックして下さい。

【散瞳後がまぶしい】
 瞳孔を開いて写真を撮ると、とても眩しいのですが、眼に悪くないのですか。残像がしばらく残ります。
 一応眼に悪いということはありません。しかし光が網膜に障害を与えることはあります。例えば、硝子体手術の時に眼の中に光源を入れますが、これも長時間当て続けると、障害を起こす可能性があると言われています。

 顕微鏡手術も、カメラのフラッシュが当たり続けているようなもので、網膜に障害を起こす可能性があると言われています。でも当てないと手術が出来ませんから、最低限のレベルにするようにしています。通常のカメラのフラッシュ程度でしたら問題ありません。

 変化を見るには写真で記録しておけば、客観的に見られます。人間ドックでは散瞳しないで写真を撮っています。しかし写る範囲が狭く、周辺までは写りません。散瞳は暗闇の時よりも瞳孔が開きます。散瞳剤は二種類で、その合剤です。効果が出るまでが15分〜20分、効果が薄れるのに4〜5時間かかり、その間は眩しく見難い状態が続きます。以前は、後で瞳孔を縮める目薬をすることもありました。

 ただこの薬は、瞳孔が閉じるだけなら良いのですが、茶目自体を上下に動かす作用があり、微妙なベクトルの兼ね合いで発作を起こしやすくなる事があります。高い確率ではないのですが、そういうリスクがあります。
【昔はよく目を洗ったが】
 以前は眼を洗う眼科が多かったようですが。
 昔は衛生状態が悪かったので、眼の表面の感染症が多く、洗う必要がありました。今は、衛生状態が良くなっているし、抗生物質も改良されていて、感染が起きたらそれで対応できます。こういうわけであまり洗わなくなりました。
【アバスチンを注射したが】
 右眼が突発性黄斑変性になりました。真ん中がおかしくなって、少しずつ出血があったのですが、視力が落ちなかったので、そのままにしていました。ある時視力が0.6まで落ちたので、眼球にアバスチンを注射しました。

 一時は落ち着いたのですが、3ヶ月後に別のところから出血したので2回目のアバスチンをしました。今の所乾いて出血も止まった状態です。左にも変性があり、視力には大きな変化がありませんが、若干歪みがあります。

 加齢黄斑変性の原因は解っていません。50歳以上の方に起こるのが加齢黄斑変性で、加齢黄斑変性と突発性とは殆ど同じものです。眼球に注射するという治療法がありますが、保険適用があるのは加齢黄斑変性で、マクジェン、ルセンテイスというお薬が認可されています。注射代は高く10何万円して、保険適用がない場合は自費になってしまいます。

 アバスチンは大腸がんのお薬で、厚生労働省では認可されていませんので、患者さんに薬代の請求はなく、処置代のみ頂きます。これら3種のお薬は、血管
新生を抑えるもので、傷んだ網膜を回復させる治療ではないのです。0.6という視力になったのは、神経に何らかのダメージが残っている、或いは時々新生血管から出血や水漏れがあると考えられます。これはアバスチンで抑えるのですが、浸み出した血液成分などが固まって残っていると、これを取る方法がまだないのです。

 黄斑変性は、ちょっと前まで治療法がありませんでした。黄斑移動術はリスクが大きいのでしませんし、角膜再生治療が進んでいますが、網膜は難しいです。一番効果的な治療はアバスチンで、視力に障害を起こすことがありまん。PDP(光線力学療法)は最初に出た治療法ですが、視力の良い人にすると視力が落ちることがあると言われています。

 アバスチンは視力の良い方がやっても視力は落ちません。ただ予防的投与と副作用の危険性など、まだ解らないこともたくさんあります。アバスチンをいつまで続けるかということもわかりません。眼の中に注射した薬の効果は3ヶ月くらいでなくなります。そこでまた打つということになります。全身に与える副作用も、現在出ているデータでは、脳梗塞や脳溢血のリスクが増えると言われています。

 また注射の針を刺す度にそこに感染が起こる可能性があります。全国2〜3ヶ所で、注射が原因で眼内炎を起こしたという報告があります。眼に注射を打つと
きは、麻酔の目薬をさし、最初に麻酔の注射をしてから、お薬の注射をします。

 黄斑変性が進行すると失明ではないのですが、視力が0.1以下になり、真ん中が見えなくなってしまいます。タバコは血管へのダメージがあるので良くありません。タバコを止める心理的ストレスより、吸って血管に作用するストレスのほうが大きいです。
NEXT  BACK


Copyright(C) 2001-2017 網膜剥離友の会 All rights reserved.